当社について

会社概要

商 号 株式会社ティー・マップ
(Taisho-university Management & Production)
設 立 2002(平成14)年4月1日
業務開始 2002(平成14)年4月8日
資本金 1,000万円
所在地 本社:東京都豊島区西巣鴨3-20-1
大正大学巣鴨校舎内 (地図はコチラへ
役 員
代表取締役
阿部海秀(大正大学学長室 室長)
代表取締役
石田順子(大正大学学長室 事業推進担当)
取締役
岡本宣丈
取締役
多田孝文
取締役
星野英紀
取締役
小峰彌彦
取締役
柏木正博
取締役
安孫子虔悦

(平成27年4月1日 現在)

主要取引先 学校法人 大正大学

経営方針

今、日本の高等教育は、一つの大きな壁に直面しています。大学への社会の期待、また大学の果たす役割も変わり、ますます厳しい社会環境の中で未来への展望が見えないという現状で、大学改革はその制度面のみがクローズアップされてはいるものの十分な環境が整っているとはいえません。

株式会社ティー・マップは、そうした状況のなかで先進的な教育の場づくりに努力している大正大学の教育・研究を側面から支援・発展させるために、2002年4月、学校法人大正大学の出資を受けて設立されました。

誕生した事業法人ティー・マップは、教育サービス事業のさまざまな分野において、学生の学びと成長に寄与するような質の高いサービスを提供するとともに、大学の教育・研究、学生生活の活性化と質的向上を図るための教育環境づくりをサポートしていきます。

加えて、大学の保有する知的資産(教育・研究・施設・人材)を活用した新たな事業展開を積極的に図ることにより、教育・研究の発展を側面から支援していきます。

これらの事業は、大学や大学の事業法人が社会に貢献するプロジェクトとして位置付け、その成果をひとつひとつ積み上げていきたいと存じますので、御理解と御協力をお願い申し上げます。

経営理念

  1. 学生生活の活性化・充実化を図り、学生の学びと成長に寄与するべく、教育サービス事業を中心によりよい環境づくりを支援します。
  2. 事業活動で得られた収益は直接、間接的に大学の教育・研究のために還元され、その成果は社会に貢献できるものであることに努めます。
  3. 「大正ブランド」の確立を目指すべく、高いモラル性と社会的貢献の精神をもって、大学の知的資産を活用した社会活動を積極的に展開します。

行動指針

  1. 単に収益事業を追求するのではなく、常に大正大学が創った会社であることを自覚し、高い理念とモラル性をもって活動します。
  2. 時代・社会・学生のニーズをとらえ、常に高い付加価値を創出するサービス・業務を行います。
  3. 常に社員一同、大学の事業法人であるとの意識を明確にもち、学生はもとより、学内外の皆さまにその活動を御理解いただけるよう努力します。

目指すべき会社像

  1. 顧客満足を重視し、顧客に対して高品質のサービスを提供できる会社
  2. 時代のニーズをとらえるために、社員一人ひとりが情報感度を磨き、高い付加価値の創出を目指して鋭意努力する会社
  3. 社内コンプライアンスを徹底し、ディスクロージャーを通して、学内評価と社会的評価を謙虚に取り入れる開かれた会社

このページの先頭へ